正確な情報でしっかり議論

以前、焼肉チェーン店で起きた集団食中毒事件を受け、ユッケなど生肉を食べる危険性について考える討論会が開かれましたね。事業者、消費者の代表が食中毒の危険性をどのように減らすかについて、意見交換をしたわけです。
今までもこうした食に関する論議は多いにすべきだと思います。
また、10組に1組いるといわれている不妊の現状について周知する目的で、東京でイベントが開かれました。
専門家は、不妊の原因の半分近くが男性側にあると指摘、対処法について報告をしました。普通に考えて、半分は男のせいだと思いますよ。こういう話ももっと周知させるべきです。
一方、韓国の中央銀行である韓国銀行は、北朝鮮の経済状況について分析結果を発表しました。
エネルギー不足で主要産業の生産不振が継続している事から、マイナス成長をしていると見ているようです。
北朝鮮の寿命があと10年と言われてから、今は何年目になったのでしょうか。