有効な方法で胃腸や肌のケアを

“胃腸が弱くて、長時間働かざるを得なくて睡眠不足に陥った時など、胃腸の調子が悪くなったり肌が荒れたりしがちで、ずっと長年悩んでいました。知人が胃腸の荒れには、青汁が効くと言っていたのを思い出し、青汁を飲んでみました。そうすると、胃腸の荒れがマシになり、たまに受ける内視鏡の検査で、今まで一番良い結果が出ました。青汁を毎朝飲むのはなかなか続けられないのですが、胃腸の調子が悪くなってきたなと感じると、青汁を飲むようにしています。早めに青汁と飲むと、胃腸の荒れがはやく回復する傾向にあります。

肌荒れについては、毎年、花粉症の時期になると、肌荒れがますますひどくなって、鼻周りが赤くただれてしまう傾向にあります。今年は外出時などずっとマスクを付けなくてはならないので、マスクで鼻の部分がこすれて、どうしても荒れてしまっています。外的要因によってどうしても肌が荒れてしまうのですが、肌あれに効く軟膏などを毎日つけていると、少しマシになってきました。軟膏は、ドラッグストアで数種類試してみて、自分の肌に一番合って効果が出る軟膏が分かってきました。今後もしばらくマスクを付けなくてはならないでしょうし、花粉がたくさん飛ぶ時期には、毎年肌荒れがひどくなりそうです。そういった外的要因による肌荒れには、軟膏を付けるしかないように思うので、軟膏をつけて、肌荒れ対策をしていくしかないように思います。自分は肌があまり強くないなと感じることが多いですが、何かしら対策を講じるしかないように思うので、仕方ないです。

胃腸など内臓の荒れについては、内服ドリンクや内服薬で荒れを緩和していくしかないように思いますし、外的要因による肌荒れは、軟膏などを塗るのが一番有効なようにと思います。あまり薬やサプリメントは使いたくないというのはありますが、これだけ環境の変化が激しいと、内臓や肌が荒れるのも仕方ないと思いますので、体の荒れた部分に有効なケアを施してあげるしかないので、こういったケアを続けていきたいです。”