救急車はなぜ119番なのかは歴史に答えがあった

救急消防はなぜ119番なのかなぜ救急消防は119番なのか実は火災報知の電話サービスが大正15年に導入された時の番号は112番緊急時なのでダイヤルを回す距離が短い方がいいだろうと112番にしたところこれが意外とかけ間違いが多かったのだそうだ。
それで翌年の昭和2年にダイヤルを回す距離が長くかつ使われていなかった地域番号9を入れ119番にしたと言う昔はダイヤル式の電話だったのでダイヤルを回す距離が一番短い1を多くしかつ誤りを防ぐためにダイヤルを回す距離が一番長い0や9を使うことにしたというのである。
継ぎ足しのタレが腐らない理由創業以来継ぎ足し続けている老舗のタレはなぜ腐らないのか塩分や糖分濃度が高まると防腐剤の役割を果たすが焼き鳥うなぎのタレではどちらも少なすぎる。
ポイントは焼けた具材を誰にした際に起きる低温殺菌で客入りの良いお店でないとタレの継ぎ足しは成立しないのだ。
ところでダイアンプール 店舗というのはかなり興味深くて、なぜところてんは心に太いと書くのかところてんの原料である天草は古くはココログとと呼ばれる感じては心に太いと書かれていましたまた天草から作られるところでも心ぶとと呼ばれていました。
その後時が経つにつれ心と心でところてんになったと言われています。
ですので心に太いと書いてところてんところてんの歴史は古くすでに 和食されていました古くから日本人に親しまれていたのですね。