実際 にFX はどうなのか

閑散期には売買 量が本当に 減少して為替 のボラティリティ が一度に 起こるため、入門者 は手を出さないのが賢明 です。 スローストキャスティクスという指標は、もみ合い相場での利用 に利点 がありますから、わりに 不可欠 だといえます。

平均的な市場 の数値から急に 乖離した場合、平均値に戻ろうとして調整されますから、移動平均線を確認 してみたいですね。 今の為替 現況 は、ボラティリティ が激しい時代だから 、レバレッジも低めに設定したいものです。 用心 すべきことは、順次 稼ぎ出すとレバレッジを上げてみようという間違った策略 です。これは怖い です。

-今日のFX用語- 
■好材料
 「好材料」とは、為替相場が上昇すると予測できる、経済指標や金利、株価などの参考データをことをいいます。

FX情報商材