ドトールのコーヒー

日本国内だけでも1300店舗以上を展開している喫茶店「ドトールコーヒー」。このコーヒーショップ、実は創業者は日本人なのです。ではなぜ「ドトール」という海外のお店のような名前をつけたのでしょうか?
今回は、ドトールの名前の由来について紹介していきたいと思います。「ドトール」はポルトガル語で「医者、博士」を意味しています。コーヒーとは全く無縁の単語のように思えます。それもそのはず、ドトールは地名を表しているからです。
ドトールコーヒーの創業者、鳥羽博道は、21歳の若さにして単身ブラジルへと渡りました。そこで、コーヒー農園に勤めていたのです。その当時の下宿先の住所が「ドトール・ピント・フェライス通り85番地」です。この地からのスタートするという想いを込めて、1962年にコーヒー焙煎会社を設立したわけです。そして1980年には原宿にドトールコーヒー1号店をオープンすることができたわけです。
ドトールのコーヒーショップで私がよく飲んでいたのはダブルココアです。コーヒーショップなのにここがものすごくおいしいのです。しかも、ここはおいしいだけでなく、ツナチーズなどおいしいサンドイッチなどもたくさん置いてあったのです。