お酒はほどほどに

お酒を飲みすぎて記憶をなくした経験ってありますか?私は記憶をなくすほど飲んだことがないのでわからないのですが、そこまで飲み続けてしまうことは危険だなと思うのです。飲酒に酔って記憶障害が起こる原因は、脳の海馬の血流が悪くなるからだそうです。つまり脳がダメージを受けている状態なんです。脳へのダメージへ認知症の原因になる可能性もあります。記憶をなくすような飲み方をしている人は一度自分健康を考えたほうがいいと思います。また、記憶障害が起こるほどの量のお酒を飲むことは肝臓にかなりの負担になっています。たくさん飲んでも平気な人でも、突然、肝臓が過労死する恐れもあるそうです。健康に長生きするためには、お酒はほどほどにしておくことが大切です。